データ入稿について



広告のデータ制作・入稿は、下記のルールを守ってくださるようお願い致します

●広告はAdobe Illustrator、Adobe Photoshopで制作されたものに限ります。 Microsoft Office:Word、Excel、PowerPointで納品されたものは一枚の画像として以下にあるAdobe Photoshop EPSファイル形式に準じていればそのまま掲載は可能ですが、わずかでもサイズ変更や修正があった場合には再入稿となります。

Adobe Illustratorの入稿ルール
●入稿データのカラーはCMYK(グレースケールでも可)。保存形式は、Illustrator(拡張子.ai)またはEPS(拡張子.eps)。文字はすべてアウトライン化し、フォント検索で無しになるようにしてください。

●拡張子.aiの場合には保存オプションで、PDF 互換ファイルを作成とICC プロファイルを埋め込むのチェックをははずし、圧縮を使用にはチェックします(CSの場合)。ドキュメントのラスタライズ効果 350 ppi、プレビュー Macintosh(8-bit カラー)、配置画像は含まないを選択。

●バージョン9〜CS6をお使いの方は、オリジナルバージョンのIllustrator形式、拡張子.aiで保存。CCの場合はCS6以下にダウンバージョンをお願いいたします(拡張子.ai)。また、制作時のレイヤーはなるべく統合せず、そのままに。透明部分やシャドウ、ぼかしなどのフィルターを使用した後は、アピアランスを分割。配置画像の埋め込みはしないでください。画像のファイル名を変えた場合には再度リンクすること。モノクロ2階調の拡張子.tifをやむを得ず画像を埋め込む場合、1200dpiの解像度、使用する原寸サイズにしてください。

●広告のサイズは罫線の一番外側のサイズです。はみ出している場合、罫は半分の太さになります。オブジェクト/パス/パスのアウトラインを実行してジャストサイズになるように調整してください。

Adobe Photoshopについて
●写真はカラーモードCMYK、保存形式Photoshop EPS、使用する原寸のサイズ、解像度は350 dpi、プレビュー:Macintosh(8bit/pixel)エンコーディング: JPEG - 最高画質(低圧縮率)、カラープロファイルは埋め込まない、その他のオプションもすべてチェックなし。モノクロ2階調は、解像度1200 dpi、プレビュー:Macintosh(1 bit/pixel)、エンコーディング: バイナリまたはASCII。白色部分の透明化については使用状況でどちらでもOK。文字はラスタライズし、すべてのレイヤーを統合してください。写真の明るさや色合いは入稿のままとなります。キリヌキの場合はクリッピングパスを作成し、写真の天地左右はクリッピングパスのサイズに合わせ余白を最少にしてください。


●広告のデータはSDカード、USBフラッシュメモリ、FD、MO(640Mb以下)、CD-R、DVD-Rなどの場合はプリントを添えてください。E-mailで入稿の場合は、ゲラ刷り見本の目的で低解像度のPDFファイルやJEPGファイルをいっしょに送稿ください。記憶メディアは使用後返却しますが、不要の場合は入稿時にご連絡ください。

●同じ広告を再度掲載される場合や作業の少ない簡単な修正・訂正後に掲載される場合は、弊社が対応いたします。また、入稿後の微妙なサイズ違いや単純ミスの修正についても弊社で対応いたします。

●入稿ルールから大きくはずれたデータは原則として再度お送りいただきます。ただし、締切に間に合わない場合には当社の規定に沿って改変いたしますのであらかじめご了承ください。(写真や文字が変形、色合いが異なる場合があります)

※Adobe、llustrator、 Photoshopは、Adobe社の登録商標です。Microsoft Office:Word、Excel、PowerPointは、Microsoft社の登録商標です。